看護師が行う注射

看護師は、医師の指示に従いながら医療行為を行うことができます。具体的には、注射や点滴です。
この行為は、看護師独断の判断では行うことはできませんが医師の指示に基づいて行えます。
近年は看護師の役割拡大ということで特定看護師制度について検討が重ねられてきましたが、現状では医師の指示が必要です。
では、注射には次のやり方があります。皮下注射、静脈内注射、筋肉注射、動脈注射などが存在します。
看護師は、まず動脈注射以外は行えます。動脈注射は、看護師ではなく医師が行うことにしている病院や医療機関が多いです。
また、予防接種は皮下注射に当てはまるため看護師が行っているところも多いようです。
注射は、看護師どうしで練習を行いますが練習と現場では大きく違います。
注射は人体に大きな影響を与えます。場合によっては、注射によって病気にかかってしまったり菌が血管に入り込んだりする恐れがあります。
このような事がないように看護学校でも実習を行いますが、練習ではできても実際にやってみるとうまくいかないということもあるでしょう。注射は緊張感を持って行うことが大事になります。

http://www.court-circuit-cafe.org/
上記のようなサイトを見ていると、とても勉強になります。
看護師の世界も日々進歩していっているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です