外国の看護師について

外国では、どんな看護が行われているのでしょうか。日本との違いなどを見ていきたいと思います。
ここ最近、日本でも外国人の看護師の派遣が行われています。それは、日本の看護師の人材不足を補うためです。
外国から派遣される看護師は、条件が厳しいと言われています。3年の間に看護師の国家試験に合格しないと強制に帰国させられてしまうことがあるからです。
ある国の看護師制度は日本と同じで、3つに分けられています。正看護師、准看護師、看護助手です。
ここで、日本と違う所です。ある国には、NPと言う資格があります。NPを取得すると病院を開けます。これは、日本でいう医師資格みたいなものです。看護師が、本格的な医療行為を行うことができるということです。日本でも、特定看護師の制度について検討はされてきていますが、現状はそこまで行うことができません。
もう1つ日本との違いがあります。医師や看護師が行う治療の仕方について、患者の家族が意見を言うことができます。また、家族の中に看護師免許を持っている方がいる場合は、患者は家で療養することができます。これほど日本と外国に違いがあるとなると驚きです。その国でも日本と同じ看護師の不足があります。その国ではプロ意識が高く、その能力の高さには驚くことが多いです。非常に細かいところまで、ケアを行ってくれることは頼もしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です