看護師の必要性と資格について

正看護師には、国家試験に合格しないとなれません。また、准看護師には各都道府県が行う試験に合格しないとなることはできません。
なぜ、看護師は必要なのか。今、日本は高齢社会となっています。世界で見ても日本は、長寿国として有名です。そんな中で看護師の数が減っています。看護師の数が減ってしまうと1人の患者に対して行き届きません。では、看護師を志望する方は少ないのかと言われれるとそうでもありません。資格を持っていると、そのぶん職を失うリスクを回避できます。ではなぜ人材不足になっているのかというと、激務であることに加え夜勤などの仕事があります。そのため、しんどくて辞めていく方が多いということです。試験に合格すると看護師になれますが、看護師がさらに上を目指せるしくみとして、専門看護師や認定看護師があります。また、近年設置が検討されているものとして特定看護師というより幅広く医療行為に携われる看護師の資格があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です